効率よくDHAを摂取する調理法

DHA

 

魚にはDHAが含まれているのは皆さんご存知だと思いますが、どんな魚にもDHAが豊富に含まれているかと言えばNOです。

 

マグロや青魚などはDHAが豊富な魚の代表ですが、フグやヒラメなど淡白な魚にはDHAはあまり含まれていません。

 

また同じマグロでもトロと赤身ではDHAの含有量は格段にトロの方が多いです。

 

 

つまり効率良くDHAを摂取するのにオススメの魚選びとしては旬の魚で脂の良くなっているものがいいでしょう。

 

 

続いては調理方法です。

 

DHAは脂に多く含まれていますので、脂が流れていってしまう調理方法はおすすめできません。

 

まずシンプルに1番良い食べ方はズバリお刺身です。

 

魚をまるこど食べられるのでDHAもしっかり摂取できます。

 

お刺身だけでは飽きてしまうという方は、なめろうやサラダなどにアレンジして食べるのもいいでしょう。

 

生魚は苦手という方は、ホイル焼きなど脂の流れでない調理法が良いです。

 

反対に1番おすすめできない調理法は揚げること、つまりフライです。

 

サクサクで美味しいフライですが、DHAは揚げ油に溶け出してしまいますのでDHAを摂取するという意味ではおすすめできない調理法になっています。

 

 

DHAを効率良く摂取しようとするならただ魚を食べるだけでなく、魚の種類や調理法にも気をつけてみて下さい。

 

DHAの成分は万能!魚を食べて健康的な体つくり

 

DHAというワードを一回は聞いたことがあると思います、それもそのはず沢山の素晴らしい効果があるのです。

 

ちなみに、DHAとはドコサヘキサエン酸の略で癌や心臓病や高血圧などの死亡原因上位を占めている病気の予防と改善が期待できる働きがあるされています。

 

これらの病気は普段の生活習慣と深く関わっており食事も大きく関係していますので、健康的なメニューにさえ変えれば治ってしまう場合もあります。

 

大切なことは魚料理を中心に食べること!というのもDHAには悪玉コレステロールを減らす作用もあるのです。

 

血管壁にコレステロールが溜まると動脈硬化が起きる原因にもなるので注意しましょう。また、皮下脂肪の主な成分である中性脂肪を減少させてくれる働きもあると言うから驚きです。

 

そして、老化や物忘れにも効果抜群でDHAの成分をきちんと摂取し続けると脳を刺激し神経細胞を活性化させてくれるのです。

 

この働きから見ても認知症予防になること間違いなしです。