必要不可欠な栄養素のDHAについて

DHA
我々の体に必要不可欠な脂肪酸はDHA(ドコサヘキサエン酸)とよばれるものです。

 

 

 

DHAの主な働きについてですが、血圧やコレステロールの値を正常に保ってくれることなど、我々の健康にはとても欠かせない成分です。

 

必要不可欠なのですから、すべての食材に含まれていればいいのですが、DHAは肉や野菜類にはほとんど含まれていません。

 

それでは、どういった食材に含まれているのかというと、主に魚介類です。

 

 

 

ひとくち魚介類といっても、魚の種類によってDHAの含有量は大きな差があるのです。

 

魚介類の中でも、さんま、アジ、いわし、サバなど、特に青魚に豊富に含まれています。

 

それも、旬の時期の脂ののったものがおすすめです。

 

 

 

さて、DHAをより効果的に体内にとりいれる方法についてですが、

 

刺身など生のまま食べることが効率的といわれています。

 

あとは、ビタミンEの豊富なゴマなどと一緒に食べることも重要だといわれています。

 

 

 

このように、魚料理を効果的に摂取することによってDHAをしっかりと取り入れることができます。

 

ドコサヘキサエン酸で長生きしよう

みなさんはDHAという言葉を知っていますか?DHAとは(ドコサヘキサエン酸)の略です。「だから何?」と思う方も多いと思います。

 

私もそう思いました。なのでここでは、DHAの役割を知ってもらえたらうれしいです。

 

DHAは魚の脂肪に多く含まれています。そして私たち人間の健康・美容に大切な栄養素です。

 

魚料理は好きですか?苦手な方も健康や美容のためなら食べてみようと思うはず。

 

DHAには、悪玉コレステロールを低下させる作用が含まれていて、動脈硬化・高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などの予防に効果的です。

 

またこれから花粉症の季節がやってきますが、DHAは花粉症などのアレルギー症状の緩和にもつながります。

 

あたしも花粉症に悩む一人です。魚を食べて少しでも症状が軽くなることを願ってます。

 

「魚っていっても何を食べればいいの?」と疑問に思う方。ずばり青魚です。

 

イワシ・サバ・さんま・ブリ・マグロ・ウナギの油に多く含まれています。全部聞いたことのあるメジャーな名前ですよね。

 

それでも、魚は苦手。という方におすすめなのがサプリメントです。DHAはサプリメントでも摂取できます。

 

飲みやすくて効果もありますので、どうしても魚が食べれない方はぜひ試してみてください。

 

DHAはサプリメント選びはこちらのサイトがわかりやすかったです→DHA・EPAサプリ比較ランキング!おすすめのDHAサプリを紹介

 

続けられるサプリメントを選んでくださいね

 

妊娠中のDHAの上手なとり方って?

DHAは青魚に含まれる不飽和脂肪酸で、「頭がよくなる」成分と言われていますよね。実はこのDHA、妊娠中にもとっても大切な成分なんです。

 

DHAは神経細胞に多く含まれ、妊娠中に摂ると胎児の脳細胞の発達に良い影響を与える、との研究報告が多数出ています。

 

妊娠中に母親がDHAを摂った赤ちゃんは、運動や行動情緒の発達面でも優れていることがわかっています。

 

また胎児の発達のみならず、DHAには母親の情緒の安定、うつの予防、睡眠の質の改善、また早産や低体重児の予防にも効果があります。

 

アレルギーの予防やコレステロール値を下げる働きもあるので、妊婦さんでなくても積極的に取りたいくらいの栄養素です。

 

 

ただしDHAは青魚に多く含まれますが、妊娠中は生魚はあまり摂らない方がよいので、煮魚や焼き魚にして摂るとよいでしょう。

 

また、マグロなどの大型魚にも多いですが、魚は大型化するほど水銀を多く含みますので、摂る魚の量や種類に気をつけましょう。

 

DHAサプリメントで手軽に補給できます。